2017年7月21日 (金)

日本橋に首都高地下化”具体的検討へ

国土交通省は7/21に日本橋を通る首都高を地下化する

検討に入ることを明らかにしました。

歴史的景観の地、日本橋の真上に首都高速が完成したのは、

1964年の東京オリンピックの開催に合わせて建設されました。

当時、この愚策に呆れかえったものでした。

この地に高速道を通すにあたりビル街のため通す余地がない

ので窮余の一策として決行されたそうです。

その後首都高速は、日本橋の上を覆い被さっているさまは、

見苦しいこと著しいですが、都内を車移動するのに大変便利な

都市交通網となっていました。

Dscf04301

Ec4c0ef4507da6a090e7049d5461336c_t1

しかし、日本橋に青空が戻るのには、十数年もかかるそうです。

2017年7月 5日 (水)

液体ガラスと水ガラス

07/04 テレビ朝日の「モーニングショー」で建造物に画期的!

液体ガラス開発者マル秘話が紹介されました。

液体ガラスを作るにあたり、自ら研究に乗り出し、ガラスの原料

である石英という鉱物に「ある物質」を混ぜることで液体にできる

ことをつかんだそうです。

混ぜる物質は企業秘密ですが、入れる順番やわずかな分量の

違いでもガラスは液体になりません。

木材を液体ガラスで強くすれば、「使い道はコンクリートより、

はるかにある」。液体ガラスを中に浸透させるための手掛かりに

なったのは、おでんの大根やこんにゃくは、下茹でしてから出汁で

煮込むと味がよく浸み込むことを教えられ、それをヒントに木材も

一度煮てから液体ガラスに漬けてみました。

すると、木材の細胞レベルまでガラスが浸透したのです、と。

確かガラスは石英から溶解され硬化した素材ですが、液体化とは

どういうこと?と思いnetで検索してみました。

様々な記事がありましたが、当方専門的化学の内容は理解不能でした。

昔、「水ガラス」で塗料を作ったことがあります。

液体ガラスと『水ガラス』は別ものなのだそうです。水ガラスは、

ケイ酸ナトリウムの濃い水溶液である。ケイ酸ナトリウムを水に

溶かして加熱することで得られる、そうです。水飴状で大きな粘性を持ち、

接着剤、耐火塗料などとして利用されています。

いずれにせよ、木材やコンクリ―トの強化や保護のためには

とても有効だそうですので、機会をみてぜひ使用してみたいと思います。

Glass1_011化学式、?です。  

「ガラス塗料とは? - 大阪の液体ガラス塗料・液体ガラス施工専門」のサイトより

2017年6月21日 (水)

夏至の日

今日は夏至の日、荒れ模様の梅雨の日となりました。

夏至・6月21日(ごろ)は、昼間が14時間50分で、

夜間は9時間25分くらい。

冬至・12月22日ごろは、昼間が9時間45分で、

夜間が14時間15分。

夏至は中国から伝わった二十四節気の十番目をいうが、

太陽黄経が90度の時で時期は6月21日頃。

暦の上では夏至の起こる日を「夏至日」と言うが、

天文学的にはその瞬間を指して「夏至」と呼ぶそうです。

一年で最も昼が長い頃とされています。

今日、東京の日の出の時間は、4時:27分:28秒 で

日の入りの時間は19時00分41秒。

ところが、夏至は昼が長く夜が短いと日とされていますが、

実際の日の出・日の入りの時刻とは一致しません。

日の出が最も早いのは夏至の1週間前になり、

日の入りが最も遅いのは夏至の1週間後なんだそうです。

ややこしいです。

P12408881


P12408901


2017年6月 6日 (火)

Vista パソコン問題

Win Vistaのパソコンを使っていたところマイクロソフトが4

月にフォロー打ち切りとの話が以前からあったのは知っていたが、

ズルズルと時間が過ぎてしまった。

さてどうしようかと迷っていました。

機械としては、全然問題なく使っていたのにOSの種類がグレードアップして

PCの世界に対応する内容にするためという。

地球環境に負荷をかけない生活をしなければならない時代なのに。

パソコンを処分しなければならないのは納得できない。

現在は、機械文明が全盛時代で人間優先の地球環境をつくり

自然のなかで生きている動植物を犠牲にしてきている。

熊が怒っているではないか。

不用になったVista搭載のPCはどこにいくのか。

PC買い替えに際してネットショッピングのサイトをみていると

VistaのPCをWin7~10へと品を替えてPCを販売している。

あれ。

以前、今使っているVistaを上記のOSにできないかメーカーに

尋ねたところ出来ないとそっけない返事でした。

どういうことなのだろう!

新品を購入するには高額だし、VistaのOSを入れ変えた中古のPC

でも使えるならリサイクルの考えもあるので、そうする手もよいかなーと

思っている。

話がかわりますが。

Cimg0018

この植物の名前が判らない。

つぼみのような黄色の花は、長さが約2mm

直径は、0.6~8mmくらい。葉も小さく1cmもない。

時期は、5月下旬。

団地のやや乾燥した地面で見つけました。

 

図鑑などで調べたのですが判りません?

 

 

2017年5月23日 (火)

ボタン園、遅かりし

先日、近くの寺院の庭がボタン園で有名なのですが、

急に思いつき一目見ようと思い立ちました。

ネットで開花状況を調べたところ満開はとうに過ぎて

いるらしい。兎に角行ってみることにしました。

途中、5月の花々が咲き乱れて珍しい草花の撮影を

楽しみながら先を急ぎました。

ウバユリの葉、ヤブニンジン、ウラシマソウの葉、ジシバリ、

アカシアの白い花など、など。

お寺さんの名前は、総持院。

境内は、静かな佇まいです。

えっ!観光客がいない。そんな。もう終わったのかな。

と思いながら園内に入りました。

やっぱり。チラホラボタンの花が咲いてはいましたが

思った豪華な満開の状態は見ることができず残念。

古い言い回しですが、

歌舞伎のセリフの「遅かりし由良之助!」でした。

P1070136 P1070146

P1070145 P1070118

P1070116一か所、見事な咲きっぷりでした。

2017年5月 5日 (金)

第8回・世界盆栽大会inさいたまが開催

京浜東北線のさいたま新都心駅近くにある

さいたまスーパーアリーナで世界盆栽大会が

開催され4月30日が最終日。

以前から興味がありましたので出かけました。

1755bonnsai11755bonnsai2 1755bonnsai3

  「おもてな修景施設・庭園」      今回のポスター      盆栽美術館のPR紙

P1240726

P1240706 P1240709

                               ↑北斎の神奈川沖裏

駅からアリーナ方向に向かって人並みが続き、

これは大盛況だなーと思いながら前に進みました。

会場前には、長蛇の列。入場するのは

諦めて欅広場などをぶらぶら。

「おもてな修景施設・庭園」ということで日本の修景・

北斎の神奈川沖裏・竹林・象潟九十九島を

イメージした日本庭園の技能と素材を

屈指した庭園が表現されていました。

会場には入れませんでしたが、

先日NHKでその様子が放送されていて海外からも

人気があり外国人のデモストレーションもあったようです。

このところ日本文化が海外にも知れわたり

日本を訪れる人数が増しているいう。

外国人に盆栽がなぜ人気があるのか、私たちは、

古いものとして忘れかけていますが、彼らによって

再認識され刺激を受けることは、なにかくすぐったい感じです。

2017年4月23日 (日)

クリーンエネルギー 発電装置の開発

原発の安全性に対してクリーンエネルギーということで

太陽光発電が一種ブームになりましたが一段落の様相です。

「クリーンエネルギー」や「クリーンエネルギーの装置 発明」で

ネットに入力すると面白い記事が掲載されていました。

その中に「記者も感激! さいたま市の80歳男性が発明した

「夢のエネルギー」」があり、私のところから近いということもあり

興味をそそりました。

それは、水と重力と浮力のみを駆使してクリーンエネルギーを

 生み出す自然エネルギー”発電装置「アクツ・エコ・サイクル」

 or 球体循環装置ともいい阿久津氏が開発したそうです。

えっ!どんな仕組み?

Img_52143_11図面は「アクツ・エコ・サイクル開発プロジェク」のサイトより


その構造は、主に球体が水中を上昇する上昇室、球体が空中を

落下する落下室、上昇室の上端および落下室の下端にそれぞれ

水位の異なる水面を維持するための蓄水室から構成される。

球体は合成樹脂性の中空のもので、内部に金属球を内包する。

この球体が水の浮力により上昇室中を上昇する。

複数の球体が上昇管上端の水面付近に貯まると、

下の球体の浮力により一番上の球体は水面から押し出され、

落下室へと導かれて落下する。

このとき、落下室の途中に羽根車等を設置することにより

落下エネルギーを取り出すことができる。

落下したのち、落下室下端の水面に突入した球体は

下方向開閉弁箱により上昇室に再び導かれ、循環する。

とウィキペディアで説明されていました。

素朴なメカで創られていて面白い装置でした。

«旧吉田茂元首相邸が再建される

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ