2017年6月21日 (水)

夏至の日

今日は夏至の日、荒れ模様の梅雨の日となりました。

夏至・6月21日(ごろ)は、昼間が14時間50分で、

夜間は9時間25分くらい。

冬至・12月22日ごろは、昼間が9時間45分で、

夜間が14時間15分。

夏至は中国から伝わった二十四節気の十番目をいうが、

太陽黄経が90度の時で時期は6月21日頃。

暦の上では夏至の起こる日を「夏至日」と言うが、

天文学的にはその瞬間を指して「夏至」と呼ぶそうです。

一年で最も昼が長い頃とされています。

今日、東京の日の出の時間は、4時:27分:28秒 で

日の入りの時間は19時00分41秒。

ところが、夏至は昼が長く夜が短いと日とされていますが、

実際の日の出・日の入りの時刻とは一致しません。

日の出が最も早いのは夏至の1週間前になり、

日の入りが最も遅いのは夏至の1週間後なんだそうです。

ややこしいです。

P12408881


P12408901


2017年6月 6日 (火)

Vista パソコン問題

Win Vistaのパソコンを使っていたところマイクロソフトが4

月にフォロー打ち切りとの話が以前からあったのは知っていたが、

ズルズルと時間が過ぎてしまった。

さてどうしようかと迷っていました。

機械としては、全然問題なく使っていたのにOSの種類がグレードアップして

PCの世界に対応する内容にするためという。

地球環境に負荷をかけない生活をしなければならない時代なのに。

パソコンを処分しなければならないのは納得できない。

現在は、機械文明が全盛時代で人間優先の地球環境をつくり

自然のなかで生きている動植物を犠牲にしてきている。

熊が怒っているではないか。

不用になったVista搭載のPCはどこにいくのか。

PC買い替えに際してネットショッピングのサイトをみていると

VistaのPCをWin7~10へと品を替えてPCを販売している。

あれ。

以前、今使っているVistaを上記のOSにできないかメーカーに

尋ねたところ出来ないとそっけない返事でした。

どういうことなのだろう!

新品を購入するには高額だし、VistaのOSを入れ変えた中古のPC

でも使えるならリサイクルの考えもあるので、そうする手もよいかなーと

思っている。

話がかわりますが。

Cimg0018

この植物の名前が判らない。

つぼみのような黄色の花は、長さが約2mm

直径は、0.6~8mmくらい。葉も小さく1cmもない。

時期は、5月下旬。

団地のやや乾燥した地面で見つけました。

 

図鑑などで調べたのですが判りません?

 

 

2017年5月23日 (火)

ボタン園、遅かりし

先日、近くの寺院の庭がボタン園で有名なのですが、

急に思いつき一目見ようと思い立ちました。

ネットで開花状況を調べたところ満開はとうに過ぎて

いるらしい。兎に角行ってみることにしました。

途中、5月の花々が咲き乱れて珍しい草花の撮影を

楽しみながら先を急ぎました。

ウバユリの葉、ヤブニンジン、ウラシマソウの葉、ジシバリ、

アカシアの白い花など、など。

お寺さんの名前は、総持院。

境内は、静かな佇まいです。

えっ!観光客がいない。そんな。もう終わったのかな。

と思いながら園内に入りました。

やっぱり。チラホラボタンの花が咲いてはいましたが

思った豪華な満開の状態は見ることができず残念。

古い言い回しですが、

歌舞伎のセリフの「遅かりし由良之助!」でした。

P1070136 P1070146

P1070145 P1070118

P1070116一か所、見事な咲きっぷりでした。

2017年5月 5日 (金)

第8回・世界盆栽大会inさいたまが開催

京浜東北線のさいたま新都心駅近くにある

さいたまスーパーアリーナで世界盆栽大会が

開催され4月30日が最終日。

以前から興味がありましたので出かけました。

1755bonnsai11755bonnsai2 1755bonnsai3

  「おもてな修景施設・庭園」      今回のポスター      盆栽美術館のPR紙

P1240726

P1240706 P1240709

                               ↑北斎の神奈川沖裏

駅からアリーナ方向に向かって人並みが続き、

これは大盛況だなーと思いながら前に進みました。

会場前には、長蛇の列。入場するのは

諦めて欅広場などをぶらぶら。

「おもてな修景施設・庭園」ということで日本の修景・

北斎の神奈川沖裏・竹林・象潟九十九島を

イメージした日本庭園の技能と素材を

屈指した庭園が表現されていました。

会場には入れませんでしたが、

先日NHKでその様子が放送されていて海外からも

人気があり外国人のデモストレーションもあったようです。

このところ日本文化が海外にも知れわたり

日本を訪れる人数が増しているいう。

外国人に盆栽がなぜ人気があるのか、私たちは、

古いものとして忘れかけていますが、彼らによって

再認識され刺激を受けることは、なにかくすぐったい感じです。

2017年4月23日 (日)

クリーンエネルギー 発電装置の開発

原発の安全性に対してクリーンエネルギーということで

太陽光発電が一種ブームになりましたが一段落の様相です。

「クリーンエネルギー」や「クリーンエネルギーの装置 発明」で

ネットに入力すると面白い記事が掲載されていました。

その中に「記者も感激! さいたま市の80歳男性が発明した

「夢のエネルギー」」があり、私のところから近いということもあり

興味をそそりました。

それは、水と重力と浮力のみを駆使してクリーンエネルギーを

 生み出す自然エネルギー”発電装置「アクツ・エコ・サイクル」

 or 球体循環装置ともいい阿久津氏が開発したそうです。

えっ!どんな仕組み?

Img_52143_11図面は「アクツ・エコ・サイクル開発プロジェク」のサイトより


その構造は、主に球体が水中を上昇する上昇室、球体が空中を

落下する落下室、上昇室の上端および落下室の下端にそれぞれ

水位の異なる水面を維持するための蓄水室から構成される。

球体は合成樹脂性の中空のもので、内部に金属球を内包する。

この球体が水の浮力により上昇室中を上昇する。

複数の球体が上昇管上端の水面付近に貯まると、

下の球体の浮力により一番上の球体は水面から押し出され、

落下室へと導かれて落下する。

このとき、落下室の途中に羽根車等を設置することにより

落下エネルギーを取り出すことができる。

落下したのち、落下室下端の水面に突入した球体は

下方向開閉弁箱により上昇室に再び導かれ、循環する。

とウィキペディアで説明されていました。

素朴なメカで創られていて面白い装置でした。

2017年4月 5日 (水)

旧吉田茂元首相邸が再建される

旧吉田茂邸は2009年に原因不明の火災で消

失してしまい貴重な建物が、と思っていたところ

再建の運びになったと聞いていました。

この度、旧吉田茂邸はこのほど大磯町の旧敷地

総ひのき造りの建物が再建されました。

元首相の死後西部鉄道が所有していたが、

県が買収し町とともに事業費約5億4千万円を

かけて再建しました。

Visual_yoshida1 005l1

Zo11745

旧建物の設計者は、建築家・木村得三郎によって

応接間棟(1階部分が応接間、2階部分が書斎)と

玄関、食堂が作られました。

昭和30年代には、新館(中2階、2階)と呼ばれる棟が、

近代数寄屋建築で有名な建築家・故吉田五十八氏

の設計により増築され、その際、玄関と食堂も

改築されたという。

京都の宮大工により建築されました。

日本庭園は作庭家、中島健が設計。

ここは4月1日から一般公開。観覧料は大人500円。

写真は、マイナビニュース、 公益財団法人神奈川県公園協会のサイトなど
より拝借させて頂きました。

2017年3月19日 (日)

興味深い「雑誌」を手に入れました。

昨年、ヒットした連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は、

「暮らしの手帖」を立ち上げた大橋鎭子と花森安治を

中心とした物語でした。

その暮しの手帖で発行した別冊「自分で作れる家具」

の本です。

348722531 20120411_82b41b1

この本は、昭和27年10月に発行されています。

戦後間もないころで生活用具も家具というものも

何もない時代でした。それというのも、日本の住生活は、

畳での座る生活が主体の和風のスタイルでしたため、

畳に置く家具は、座卓や茶箪笥に箪笥があるくらいでした。

このころ生活の近代化が進められ、洋風の椅子式生活と

いうの合理化運動が叫ばれていました。

Cut34872253_o11 Img573

130486290_6241 Kurasikagu41 Kurasikagu31

そんな時代だったのでしょう「家具」というテーマが

取り上げられ、ユニークなのは自分で作れるということを

主にした家具の設計図が掲載されているのです。

今風にいうとDIYですね。

«前川国男の建築を観光地に