« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月の2件の記事

2008年12月16日 (火)

災害に強いまちを目指してー2/2

  中越沖地震・柏崎での知人の話では、地震後、ハードや経済でのフォロー問題が不明確な点が多くまだまだのようです。

  今年、平成20年(2008年)61408時ごろ発生した岩手・宮城内陸地震(M7.2)も半年になりますが、いまだ避難生活を強いられているとの事です。

  地震国日本ですが、防災、災害、都市問題、建築問題など、ハード面の研究は進んでいると言っていますが、地域社会でのソフト面での取り組みは急務の問題となっています。

  普段、専門の地震にたいする技術的問題は意識していますが、防災をどうするか、災害が起こったときはどう対処するか、自分自身、家族、そして地域や会社などでの行動等をどうするか多くの問題を、一刻も早く具体的にしていかなければならないと思いを新たにしました。

3day

2008年12月15日 (月)

災害に強いまちを目指して-1/2

 先日、さいたま市・市民活動サポートセンター主催による『災害に強いまちを目指してー防災から減災ヘ』に参加しました。

 「体験&ワークショップ」~地域ごとの災害の課題を見直そう~では、地震災害・防災について高齢者世帯の多い地区や中高層マンションなどに様々な問題があることを認識させられました。

 また、「フォーラム&シンポジウム」では、「災害の教訓に学ぶ、まちの力・人の力」のテーマで大阪大の渥美氏から行政や消防自動車の前に近隣の人々のチームワークが必要、それには、普段からの訓練が重要との講演を聞きました。

  以前、神戸、中越、中越沖(柏崎)地震の現地を訪ねたのですが、それぞれの条件の違いがあり、「地震とはこうだから」と言い切ることが出来ないことを思い出し、この講演から、その時の活動には身近な地域力が大きなポイントになってくると強く思いました。                                                                            Posc

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ