« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の3件の記事

2016年1月21日 (木)

55回日本クラフト展

16.1.8~1.17にミッドタウン・タウン5Fで第55回日本クラフト展が

開催されました。

知人から案内がありましたので昨年に続き見学してきました。

 Photo 新国立美術館とミッドタウン 

クラフトは民芸品、工芸品、ペーパークラフト、ワイヤークラフト

など工作物の総称で、手作りアートあるいはクラフトアートとも

言われています。

  P1210186 P1210187

会場にはこの編み方は、ガラスの色はどのように作ったのかと

思うような複雑な作りや、鮮やかな色合いの作品が

多く展示されていて感嘆しました。

会場の奥に受賞した作品がありました。

クラフト大賞は木製のスツールで、自然素材を活かした

木(桧?)の肌と籐と思われる材を巻きつけた作品で、

 さわやかな感じの仕上がりが素敵でした。

  Grandprize1 経済産業大臣賞・日本クラフト大賞

2016年1月11日 (月)

「孫悟空とはやぶさ2」のスピードについて

 今年の年賀状に書きました「孫悟空とはやぶさ2」の

速さについて調べてみました。

JAXAによると「はやぶさ2」のスピードは秒速約31.9kmで、

 一方の孫悟空が乗るキント雲は6万500kmと

割り出しています。

よって誇張大の昔話の世界が圧倒的スピードで

現代科学の「はやぶさ2」より勝っていました。

因みに

ジャンボ(ボーイング747)、最大速度は時速1030km    秒速 0.29km/s
コンコルド           
 マッハ2.0             〃 0.68km/s
人工衛生 
地球一周を4万キロとして 約16667km/h      〃 4.67km/s
光 速     
真空中における光速の値は             〃 30万km/s

 将来、宇宙空間を飛び回るためには光速以上で飛ぶロケットが

開発されるのでしょう。

 そういえば、宇宙船ヤマトには、恒星間航行用エンジンの

波動エンジンを搭載。宇宙エネルギーを取り込み圧縮して、

光よりも速いタキオン粒子に変換し、それを動力としている、

のだそうです。

   X90

 JAXAによると「はやぶさ2」は、平成27(2015)年12月3日(木)

地球スイングバイによって軌道を約80°曲げ、スピードは

秒速約1.6km上がって秒速約31.9km(太陽に対する速度)となり、

目標としていた数値を達成しました。

 ウィキペディアによるとキン斗雲は、中国において唐代の

「里」は559.8mなので、10万8000里はおよそ6万500km

宙返り1回を1秒とすると、觔斗雲の速度はおよそ

マッハ17万6000、光速のほぼ20%(秒速6万km)となる。

また、この10万8000里という距離は、西遊記において

唐から天竺への取経の旅の行程距離ともされているが、

これは地球一周半の距離であり、中国文学らしい

途轍もない誇張された話とのことでした。

2016年1月 1日 (金)

新年おめでとうございます

  本年もよろしくお願いいたします。  

  探査機はやぶさ2   小惑星・竜宮を目指して・・・

  一瀉千里の孫悟空が速いか?

   1611negajou申年 元旦 2016年

「はやぶさ2」が昨年地球の引力を利用しスイングバイにより

小惑星・竜宮を目指して飛行しています。

今年は、さる年。ふと孫悟空と競争するとどちらが早く到着するのかと

科学と中国の冒険小説の世界と重ねあわせて見ました。

「釈迦の手のひら」というお話です。

悟空が得意とする技に飛行術があります。

悟空は一瞬にして、10万8000里/1跳び(=宙返り1回を1秒とすると)の

速さで(6万500km)飛べる斗雲に飛び乗り、世界の端を目指しました。

しばらくすると、雲の間に5本の柱が立っていて近くに寄ってみると...。 

 「ははぁ。これが世界の行き止まりだな。来た証拠に名前でも書いていくか。」

 悟空は、自分の毛を1本抜いて筆に変えると、真中の柱に「斉天大聖」と

 記して、ついでに「オシッコ」までもひっかけていきました。

 「これで、よし。」  「悟空よ、いい加減にしなさい。」   

 「なんだよ。俺様は今、世界の端まで行って来たんだ。しかも、

 そこにあった柱に、斉天大聖って書いてきたんだぜ。

 疑うなら、いっしょに見に行こう。」

 「いくまでもありません。」 

     X90  「何でだ。」 

 「私の手のひらを、よくご覧なさい。」  

 「・・・・・。これって、どういうこと?」

悟空は目を凝らしてよく見てみると、釈迦の手に中指には

「斉天大聖」と書いてあり、しかも中指の根元には先ほど

悟空がオシッコした後があり、まだ乾かず湯気が立っていました。 

   ◎

さて、はやぶさ2と孫悟空はどちらが速いのでしょうか?

孫悟空の「西遊記」 【第3話 釈迦の手のひら】 -広州をこよなく愛する ...                                        のサイトを参照させて頂きましたました。
                                
 

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ