« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の2件の記事

2016年5月19日 (木)

コルビジュエの西洋美術館が世界遺産へ

Scimg55131

ル・コルビジュエの7カ国17作品群が7月10日からトルコで開催される

世界遺産委員会で決まるが、登録は確実とみられると新聞に掲載されました。

三度目の挑戦とのことで、その中に上野の西洋美術館も含まれています。

世界遺産として「新しい建築の概念を広め、20世紀の世界に大きな影響を

与えた」と評価したとのこと。

Scimg5434 Scimg5508

Scimg5506

Scimg5495 Scimg5481

Scimg5491 Scimg5497

この建物は、私が大学一年の時初めて訪れました。そのころ建物の意味を

よく理解していなかったのですが、外観は、青色の石を埋め込んだパネルが

取り付けられた新しい工法がみられ、中に入ると打ち放しの柱が吹き抜けの

中を伸び三角形のトップライトから自然光が空間を演出していることに

モダンさを感じました。

2階へはスロープを上りながら吹き抜け空間を楽しむことができます。

なにしろ世界的建築家の作品ということで”うーん”そうなのかと思った

ものです。

もう一つ”うーん”と思った建物にF.L.ライト設計の有楽町の旧帝国ホテルで

した。このライト設計の建物群も世界遺産の登録への運動がおこなわれて

います。

昨日、若冲展と西洋美術館を見にいったのですが都美術館前には

チョー長蛇の列をなしていたので見学を諦め西洋美術館と絵画を

見学してきました。

2016年5月 4日 (水)

熊本地震-2 「備えは怠りなく」

熊本・大分地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

災害が起きると我が身は大丈夫かと急に不安になってきます。

日頃の災害に対する心構えが重要なことはわかっているつもりでも、

日々の忙しさにかまけて後回しにしてしまいます。

My_kaoyoko_ilas「備えは怠りなく」について考えてみます。

まずは①建築基準法の新耐震基準(1981年6月)以前の建物は、

補強や建て替えのために耐震診断を行い、建物の状態を知る

必要があります。

各自治体に助成制度や手続きがありますので聞いてみましょう

②そのための備蓄品は最低1週間分を確保。そんなに大量は無理?

そこで日頃から食料や日用品を少し多めに購入し、消費しながら

蓄えておく「日常備蓄」という方法で対処する。

「ローリングストック法」とも呼ばれ、詰め合わせ商品なども販売されて

いますので試すのも良いと思います。

③もう一つ重要なのは「情報」。スマホやPCで窮状を発信したという

ニュースがありましたが、テレビや新聞、ラジオに加えてインターネット

での情報です。

防災科学研究所が開発した「地震ハザードステーションJ-SHIS」。

このサイトは全国地震動予測地図をベースに主要活断層帯や

表層地盤、深部地盤、地滑りの恐れのある地形などを重ねあわせて

見られるデータベースだとのこと。

また 国土交通省も防災情報を「重ねるハザードマップ」として公開。

1654

それと東京都のサイト[耐震ポータルサイト]と[東京防災 ※1]のPDFの

パンフも大変参考になります。

※ [2度の「震度7」や届かない物資……熊本地震の教訓「7つの備え」(上) ]関口威人氏の記事などを参考にさせて頂きました。
※1 
http://galapagosstore.comのサイトに東京防災と入力

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ