« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の2件の記事

2016年10月27日 (木)

「日光御成街道沿いの長屋門スケッチ」展

 このたび浦和で個展を開催致しますのでご高覧頂ければ幸いです。

 この地には、神社やお寺などの古建築が多く見受けられますが、

 茅葺きや瓦屋根に土壁の長屋門も数多く点在しています。

 平屋で寄棟の屋根、そして白い壁と黒い板壁のコントラストが

 周囲の緑に映え、シンプルで美しい。一見同じようなスタイルですが、

 よく見ると細部はいろいろ工夫されています。

 この街道沿いは歴史の影響が色濃く、歴史の影が滲んでいることに

 想いを馳せながら描きました。

161027

 ☆展示期間 H28年11月1日~11月15日(最終日12時まで)

 ☆場所    和真メガネ浦和本店ギャラリー(地階)

  ☆am10:00-pm8:00(年中無休)

        さいたま市浦和区高砂1-13-2

 ☆展示物  水彩画,色鉛筆など  出品数 20点ほど 

 Map

 ☆ ご質問などは、植木へ  eメ-ル xbox.ueki@nifty.com 

   当方のHPは、 http://ueki.o.oo7.jp に移動しました。

   アドレスを書き換えてくださるようお願いします。
   なお、アドレスのO.OO7は、ゼロではなくアルファベットのオーの字
       
ですのでお気を付けください

2016年10月 5日 (水)

金閣寺に巨大仏塔

「金閣寺」は、1397年に室町幕府の3代将軍「足利義満」が

建てた別荘で有名な金箔張りの鹿苑寺(3階層)があります。

庭園は衣笠山を借景とした「池泉廻遊式庭園」と呼ばれ、

池を中心とした庭園様式となっている。

今回、発見された遺物は、足利義満が建造したとされる

巨大な仏塔「北山大塔」の塔頂についていたとみられる相隣

破片が見つかりました。

 13932750_633519036822655_52805075_2


緑色は、「北山大塔」があった場所


1_2金閣寺境内の俯瞰(googleより)

2_2金閣寺境内の地図(googleより)


 破片は、三個見つかり最大のものが24.6×37.4×1.5㎝で

重さが8.2キロ。

これをもとに復元すると直径2.4mと推定されるとのこと。

文献によると1416年、完成間近に落雷で消失した。

この建物は、七重の大塔・高さ110m(相国寺)と推定。鹿苑寺は、

12.5m。この二つが境内にあった状態をイメージすると

鹿苑寺がひどく小さく見えたと思われる。

現在、日本にある最大の塔は、東寺の五重の塔で、

高さが56mとのこと。

Cut Photo


当時の技術は、人力そののもので建設したわけだから

本当に凄い。どのように工事をしたのか知りたい!

そして、この巨大な塔を見てみてみたかった!

 ※写真は、朝日新聞7月9日朝刊とgoogleより

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ