« 正月早々大当たり ? | トップページ | 高校生の夢、飛んだ 「飛行機の父」明治の図から製作  »

2017年2月 5日 (日)

「昔の家」林芙美子のエッセイ

林芙美子の「昔の家」のエッセイを読みました。
実に家づくりの本質をついていて現代でも
十分通用する内容だと感じました。
このエッセイは、昭和25年1月号の藝術新潮に
掲載された文章です。
林芙美子曰く、人に見てもらうための家でなく
住み心地のよさを追求すること。
この家を建てるのに6年をようしたという。
資金づくりに2年、設計に1年、工事に3年、
昭和10年から初めて16年8月に竣工。
といろいろ関心するところ、
参考になることがありました。
Kinenkan_top1
写真は、林芙美子記念館のHPより拝借いたしました。

« 正月早々大当たり ? | トップページ | 高校生の夢、飛んだ 「飛行機の父」明治の図から製作  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正月早々大当たり ? | トップページ | 高校生の夢、飛んだ 「飛行機の父」明治の図から製作  »