« 高校生の夢、飛んだ 「飛行機の父」明治の図から製作  | トップページ | 興味深い「雑誌」を手に入れました。 »

2017年3月 5日 (日)

前川国男の建築を観光地に

新聞記事では、近代建築の旗手とされる氏が設計した作品がある

全国八つの自治体が集まり「近代建築ツーリズムネットワーク」を結成。

モダニズムと呼ばれる20世紀建築を観光する楽しみを連携して情報を

発信していく、という。

Img03_061自邸

Saitamakaikan1
埼玉会館

Photo
埼玉県立歴史と民族の博物館

東京都、埼玉、神奈川、岡山、熊本、新潟、福岡、青森、弘前の県市。

昨年、国立西洋美術館が世界文化遺産に登録され、近代建築への

注目が集まったことなどが結成のきっかけになったとのこと。

会長の弘前市長は、「日本の近代建築を観光資源化し、その価値を

世界に発信する。かつてないことを都市の連携で進めていきたい」と

あいさつされた。

今後、各地で協力して開いていく展覧会やイベント、パンフレッドなどに

活用していく、らしい。

我が市にも前川氏の建築が2個所あり、浦和駅の近くにある埼玉会館は、

現在改修中です。

もう一つは、大宮駅から東武野田線の大宮公園駅近くにある

埼玉県立歴史と民族の博物館がある。

学生時代、前川さんの自邸をコピーする課題がだされことにより、

かつて目黒の上大崎にあった自邸を見学したことがありました。

この家は、現在小金井市の江戸東京たてもの園に移築されています。

注:写真は、県と江戸東京たてもの園のサイトより拝借させて頂きました。新聞の記事は、東京。

« 高校生の夢、飛んだ 「飛行機の父」明治の図から製作  | トップページ | 興味深い「雑誌」を手に入れました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高校生の夢、飛んだ 「飛行機の父」明治の図から製作  | トップページ | 興味深い「雑誌」を手に入れました。 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ