« 旧吉田茂元首相邸が再建される | トップページ | 第8回・世界盆栽大会inさいたまが開催 »

2017年4月23日 (日)

クリーンエネルギー 発電装置の開発

原発の安全性に対してクリーンエネルギーということで

太陽光発電が一種ブームになりましたが一段落の様相です。

「クリーンエネルギー」や「クリーンエネルギーの装置 発明」で

ネットに入力すると面白い記事が掲載されていました。

その中に「記者も感激! さいたま市の80歳男性が発明した

「夢のエネルギー」」があり、私のところから近いということもあり

興味をそそりました。

それは、水と重力と浮力のみを駆使してクリーンエネルギーを

 生み出す自然エネルギー”発電装置「アクツ・エコ・サイクル」

 or 球体循環装置ともいい阿久津氏が開発したそうです。

えっ!どんな仕組み?

Img_52143_11図面は「アクツ・エコ・サイクル開発プロジェク」のサイトより


その構造は、主に球体が水中を上昇する上昇室、球体が空中を

落下する落下室、上昇室の上端および落下室の下端にそれぞれ

水位の異なる水面を維持するための蓄水室から構成される。

球体は合成樹脂性の中空のもので、内部に金属球を内包する。

この球体が水の浮力により上昇室中を上昇する。

複数の球体が上昇管上端の水面付近に貯まると、

下の球体の浮力により一番上の球体は水面から押し出され、

落下室へと導かれて落下する。

このとき、落下室の途中に羽根車等を設置することにより

落下エネルギーを取り出すことができる。

落下したのち、落下室下端の水面に突入した球体は

下方向開閉弁箱により上昇室に再び導かれ、循環する。

とウィキペディアで説明されていました。

素朴なメカで創られていて面白い装置でした。

« 旧吉田茂元首相邸が再建される | トップページ | 第8回・世界盆栽大会inさいたまが開催 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧吉田茂元首相邸が再建される | トップページ | 第8回・世界盆栽大会inさいたまが開催 »