« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の2件の記事

2017年5月23日 (火)

ボタン園、遅かりし

先日、近くの寺院の庭がボタン園で有名なのですが、

急に思いつき一目見ようと思い立ちました。

ネットで開花状況を調べたところ満開はとうに過ぎて

いるらしい。兎に角行ってみることにしました。

途中、5月の花々が咲き乱れて珍しい草花の撮影を

楽しみながら先を急ぎました。

ウバユリの葉、ヤブニンジン、ウラシマソウの葉、ジシバリ、

アカシアの白い花など、など。

お寺さんの名前は、総持院。

境内は、静かな佇まいです。

えっ!観光客がいない。そんな。もう終わったのかな。

と思いながら園内に入りました。

やっぱり。チラホラボタンの花が咲いてはいましたが

思った豪華な満開の状態は見ることができず残念。

古い言い回しですが、

歌舞伎のセリフの「遅かりし由良之助!」でした。

P1070136 P1070146

P1070145 P1070118

P1070116一か所、見事な咲きっぷりでした。

2017年5月 5日 (金)

第8回・世界盆栽大会inさいたまが開催

京浜東北線のさいたま新都心駅近くにある

さいたまスーパーアリーナで世界盆栽大会が

開催され4月30日が最終日。

以前から興味がありましたので出かけました。

1755bonnsai11755bonnsai2 1755bonnsai3

  「おもてな修景施設・庭園」      今回のポスター      盆栽美術館のPR紙

P1240726

P1240706 P1240709

                               ↑北斎の神奈川沖裏

駅からアリーナ方向に向かって人並みが続き、

これは大盛況だなーと思いながら前に進みました。

会場前には、長蛇の列。入場するのは

諦めて欅広場などをぶらぶら。

「おもてな修景施設・庭園」ということで日本の修景・

北斎の神奈川沖裏・竹林・象潟九十九島を

イメージした日本庭園の技能と素材を

屈指した庭園が表現されていました。

会場には入れませんでしたが、

先日NHKでその様子が放送されていて海外からも

人気があり外国人のデモストレーションもあったようです。

このところ日本文化が海外にも知れわたり

日本を訪れる人数が増しているいう。

外国人に盆栽がなぜ人気があるのか、私たちは、

古いものとして忘れかけていますが、彼らによって

再認識され刺激を受けることは、なにかくすぐったい感じです。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ